ANAアップグレードポイントの獲得方法と使い方

 ANAの上級会員(ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ)になると、前年度のANA運航便の利用実績に応じてアップグレードポイントが付与されます。名前の通り座席のアップグレード(国内線普通席→プレミアムクラスや、国際線エコノミークラス→ビジネスクラス)に利用できるポイントです。ただ、制約が多くうまく使いこなすのは難しいです。自分の忘備録もかねてここで整理してみます。

アップグレードポイント概要

 アップグレードポイントは、ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ会員に対して、前年度の獲得プレミアムポイントに応じて配布されるポイントで、座席のアップグレードやラウンジの利用に使うことができます。有効期限は上級会員資格の期限と同じ、4月1日から翌年3月31日です。この期間内に搭乗するフライトへの利用であれば、期間外でも予約ができます。例えば、4月1日からアップグレードポイントが付与される場合、1月1日に5月1日のフライトに対してアップグレードポイントを利用したアップグレードを予約できます。逆に、有効期間外のフライトに対しては利用できません。

獲得方法

 ANAグループ運航便に搭乗して獲得したプレミアムポイント数に依存して獲得アップグレードポイント数が決まります。具体的には以下の図の通り。

 

f:id:harikov:20200104232355p:plain

ANAホームページ、アップグレードポイント(https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/upgrade-point/)より

0ポイントから表があるのは、ANA運航便を利用しなくてもANAカードのゴールドカード以上を所持していればブロンズメンバーになれるためです。
 注意点としては、スーパーフライヤーズ会員であるだけだとアップグレードポイントは付与されないことです。スーパーフライヤーズ会員に付与される4アップグレードポイントは、

  • ダイヤモンド、プラチナ、ブロンズ会員であること
  • 前年度にANAグループ運航便に搭乗していること

を満たしている場合に獲得可能です。ANA運航便を全く利用せずにブロンズ会員になった場合はスーパーフライヤーズカードを所持していてもアップグレードポイントは付与されません。

使用方法

座席のアップグレード(国内線)

 普通席からプレミアムクラスへのアップグレードに利用可能です。必要ポイント数は全路線一律4ポイントです。ANAマイレージクラブ会員であれば現金でも申し込み可能です。申し込みは出発日の2日前の0時から可能です。出発時刻の48時間前ではないのでご注意ください。条件は、

  • 予約に含まれている全員がANAマイレージクラブ会員であること
  • 予約に含まれている全員がアップグレードすること
  • アップグレード希望便の普通席の航空券を対象運賃で予約・購入済み
  • プレミアムクラスに空席があること

です。アップグレードポイントを利用する場合、対象者は本人か特典利用登録者(2親等以内の親族で、事前登録したもの)である必要があります。航空券の対象運賃は、以下のもの以外です。

  • 国際線航空券国内区間
  • 予約のないオープンチケット
  • 団体運賃
  • 包括旅行割引運賃

特典航空券でもアップグレードは可能です。また、ANAの国内ツアー(ANAトラベラーズダイナミックパッケージなど)もアップグレード可能です。なお、これらの運賃であっても当日に空席がある場合、現金でのアップグレードは可能です。

f:id:harikov:20200104233257j:plain

 プレミアムクラスだと、座席は近距離国際線ビジネスクラス並み、上の写真のような食事もついてきます。現金でアップグレードをする場合は、路線によりますが、5000円から15000円かかります。アップグレードポイントは1ポイント1000スカイコイン(1000円相当)に変換できる(後述)ので、お得な使い方ではあります。ただし、「2日前に空席があること」が条件ですので、羽田―那覇線のようなプレミアムクラスが人気の路線だと難しい場合もあります。

座席のアップグレード(ANA国際線)

f:id:harikov:20200104233353p:plain

ANAホームページ、アップグレードポイント(https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/premium/upgrade-point/)より

 エコノミークラスからプレミアムエコノミークラスまたはビジネスクラスへ、ビジネスクラスからファーストクラスへ、座席をアップグレードできます。必要ポイント数は路線やクラスによって異なります。エコノミー→ビジネスと、ビジネス→ファーストは上の図の通りです。エコノミー→プレミアムエコノミーは、

  • 欧米路線、オセアニア路線:5ポイント
  • リゾート・東南アジア・南アジア路線:4ポイント

です。マイルでも申し込み可能です。申し込みは出発日の355日前から搭乗便出発時刻の24時間前まで可能です。空席待ちも可能です。なお、条件が整った場合のみ、当日でも可能です。対象となる予約クラスは

  • プレミアムエコノミー:Y, B, M, U, H, Q, V
  • ビジネス:G, E, Y, B, M, U, (海外発はHも対象)
  • ファースト:J, C, D, Z

です。国際線予約クラスについては東京―シンガポール線を例にこちらで解説しています。

worldwideharikov.hatenablog.com

f:id:harikov:20200104233559j:plain

ビジネスクラスにアップグレードできる運賃はもともとの値段がかなり高いです。割引運賃で直接購入したほうが安いこともあるので、何らかの事情で高い予約クラスを利用する場合以外はあまり使えないと思います。ただし、プレミアムエコノミークラスの予約クラスEは他と比較して安めですしマイルも100%積算されますので、アップグレードを狙う価値はあると思います。

 プレミアムエコノミーは予約クラスVからアップグレードできます。ビジネスクラスへのアップグレード可能運賃と比較すると、コスト的には十分検討の余地があると思います。ただ、エコノミーで購入してアップグレードするよりも、プレミアムエコノミーで購入したほうがマイルはたくさんつきます(特にプレミアムメンバーの場合はボーナスマイルもある)ので、アップグレードを狙うよりもプレミアムエコノミーの最安値を買ったほうがコストパフォーマンスはよさそうです。

 ダイヤモンドメンバーの場合のみ、条件を満たせば通常の2倍のアップグレードポイントを使うことで対象外の予約クラスでもアップグレードができます。条件は、

  • ANAグループ国際線をNH便名で予約している
  • 当日空席があり、サービスの準備が整っている
  • 搭乗前日までに電話で申し込みをしている

です。ANA運航便をコードシェア便名で購入した場合は利用できません。この特典は会員本人のみが利用できます。

スポンサーリンク

 

座席のアップグレード(ユナイテッド航空国際線)

f:id:harikov:20200104233810j:plain

 アップグレードポイントを利用したアップグレードは、ユナイテッド航空運航便でも利用できます。必要ポイント数は区間基本マイルに依存しており、以下の通りです。

f:id:harikov:20200104233924p:plain

ANAホームページ、スターアライアンスアップグレード特典概要(https://www.ana.co.jp/ja/jp/amc/reference/tukau/star_upgrade/usage.html)より

利用のためには対象予約クラスで予約している必要があります。対象予約クラスは、

  • エコノミー→ビジネス:O, A, Y, B, M, E
  • ビジネス→ファースト:C, D

です。スターアライアンスアップグレード特典の利用条件と同じですが、マイルを使う場合は区間基本マイルが4000マイル以上でも距離が長いほど必要マイル数が増えるので、長距離便ほどお得です。ただし、ANA便同様、対象運賃が高額(E以外はマイル100%積算運賃、Eは70%積算運賃)なので、アップグレード特典自体が使いづらいです。

ANAラウンジの利用

f:id:harikov:20200104234359j:plain

 ANA LOUNGEを利用する際にアップグレードポイントが使えます。ダイヤモンド会員やプラチナ会員だと、本人と同行者1名までは無条件で入れますので、同行者が2名~4名の場合と、特典利用登録者のみで利用する場合に使えます。

国内線

  • ブロンズメンバー本人の利用:2ポイント
  • 同行者(4名まで):1名あたり2ポイント(ダイヤモンド、プラチナの場合、同行者1名はポイント不要)
  • 特典利用登録者単独利用:1名あたり2ポイント

ダイヤモンドメンバーの場合、ANA SUITE LOUNGEも同じポイント数で利用できます。

国際線

  • ブロンズメンバー本人の利用:3ポイント
  • ブロンズメンバー同行者の利用(1名のみ):3ポイント
  • ダイヤモンド、プラチナメンバー同行者(2~4名):1名あたり3ポイント

国内線ラウンジとは異なり、特典利用登録者単独利用はできません。また、ブロンズメンバーの同行者も1名までとなります。ダイヤモンドメンバーのANA SUITE LOUNGEへの2名以上の同行は1名あたり4ポイントで利用できます(4名まで)。

ANA SKY コインへの変換

 ANA SKY コインに1ポイントあたり1000コインとして交換できます。ANA SKY コインはANA運航便の航空券購入などに1コイン1円分として利用できる電子クーポンです。詳細はこちらの記事で解説しています。

worldwideharikov.hatenablog.com

期限切れになるアップグレードポイントはスカイコインに変換しておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

 

まとめ

 ANAのアップグレードポイントについて整理してみました。大体使うタイミングがなくてスカイコインに変換することになってしまいますが、うまく利用すればお得にアップグレードすることができます。国内線のアップグレードか、ANA国際線でプレミアムエコノミー(予約クラスE)からのアップグレードが使いやすいと思います。どうしようも無くなったらスカイコインに変換ですね。私も今年度のアップグレードポイントは使えず終いだったので、スカイコインに変換することになりそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク